気ままにニコライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 超高精細コメントアートの新鋭が現れた!

<<   作成日時 : 2018/11/03 15:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


驚異的な進化!


以前、広がれ高精細コメントアートのWA!ということで、
従来のsmall38行を超える行数の絵系コメントアートを
みんなも作ってみようよ(・∀・)みたいなことを書きましたが、

最近とんでもないペースでこの手の
コメントアートを量産する猛者が現れました(`・ω・´)



その名はポカメさん!




10月19日に初めての70行制作を始めてから・・・




わずか1日で完成させてきた!!

あれ、おかしいな。
コンナニハヤクデキルモノダッケ・・・?(・ω・)







それから驚異的なペースで70行をポンポンとw
なんてこった・・・!70行じゃ作業量も多いから
時間がかかるのも仕方ないねとか言い訳してた
ワイの立場がないぞ(・∀・)


しかもこれだけにとどまらす・・・





70行を超える100行に挑戦し!




3日で完成させてくる!

こうなってくると止まりません。




137行!
どこまで行くんだ!w
ここまでくるとかつてのニワン語スクリプトアートの
size2描画にせまるレベルになってきますねえ。。。


70行からここに至るまでわずか半月ですよ。
兎にも角にも、制作が早い早い!
作りたいものを具現化(アウトプット)する力が素晴らしい。
これが若さか・・・若さってやつなのかッ(゚д゚)
・・・と10年来のおっさんは打ちひしがれるわけよw



しかもただ量産するだけでなく、行数としても
全体のクオリティとしてもどんどん進化しています。


画像

主線を使わないタイプのコメントアートの場合、
同色パーツの境界線をどうするかが問題なのですが、
ポカメさんの場合は影や別のパーツをうまく配置することで
極力同色パーツが重ならないようにしています。



ちなみに私の場合は同じ色のパーツを重ねて
その差分で境界線を表現する方法をとっています。

画像

2018/06/25「諏訪御料人!」

羽織やスカート部分を見てもらえるとわかりやすいかな?


こういったところは制作する人の個性が出る部分ですね。
まず主線を使うのか否か、線をどのように表現するのか、
どれだけ省略するのか、
注目してみると面白いかもしれませんよ?(・∀・)



話が少しそれましたが、
ポカメさんの同色パーツが重ならないようにする方法は
最終的にはコメント数を削減できるメリットがあります。
デメリットとしては別パーツと認識させられないと
くっついて見えてしまうというところですが、
それも作品ごとに違和感ある箇所はほとんどなくなっています。

画像


この短期間での進化っぷり。
とにかくコメントアートは集中的に作って作って作るのが
最も上達の早道ということでしょう(`・ω・´)




これからも楽しみにしています(・∀・)b




・・・ところで、ポカメさんの超高精細CA制作は
70行、100行と来て137行まで到達しました。

こうなってくるとプレーヤー上では何行まで描画できるのか
ちょっと気になってきますよねw
行が増えれば増えるほどハイライトの割合が
濃くなってくることと描画処理が重くなっていくことが
どう作用するか。。。

果たして・・・( ・3・)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
超高精細コメントアートの新鋭が現れた! 気ままにニコライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる